中国月探査飛行試験 目標任務を完成

【12月3日新華網】

 

 月探査第三期帰還飛行試験機が10月24日に西昌衛星発射センターから宇宙へ打ち上げられ、順調に月遷移軌道に入った。その内、帰還機が11月1日に予定着陸点へ安全正確に着陸し、試験は円満な成功を成し遂げた。説明によると、飛行試験の過程で主に3つの分野のデータ、安全データ記録器(ブラックボックス)に記録されたデータ、返還機防熱層測量データ、地上コントロールステーションが返還機に対し直接測量・受信したデータが得られた。

 

 この度の月探査帰還飛行試験は多くの「初」を記録。ロケットが正確に軌道上へ入り試験機の地球・月間84万kmの往復を初めて順調に達成、「半弾道跳躍式再突入」方式を初めて採用し地球へ帰還、高速再突入状況下での防熱技術の初めての革新、宇宙航空レベルの国産ループヒートパイプを初めて採用し冷暖を調整、中国宇宙飛行史上で多くの材料を初めて採用し飛行機を設計、今回の打ち上げロケット発射実施で中国現役打ち上げロケット測量技術のアップグレードを初めて実現、試験機サービスモジュールによる初めての開拓試験を展開した。


引用:
0