304 Industrial Park


洪水に対して低リスク、ASEAN展開で
戦略的に優位なロケーション

304工業団地
304 Industrial Park


304

304工業団地概要

プラチンブリ、チャチュンサオに位置する304工業団地は、開発の第一フェーズ(1994年~)では、王子製紙やSIAMアイシンが入居し、第二フェーズ(2007年~)では、キヤノンや東芝が工場を設立。今でも拡大が続いている。

特にプラチンブリは、バンコクに一番近いBOIゾーン3に位置するため、最も大きな恩典を受けることができながら、バンコク北部、南部の工業地帯の中間に位置し、空港・港湾からも200km圏内とアクセスがよい。

ローリスク・ローコストを実現できるエリア

工業団地は、海抜が平均20mあり、プラチンブリ川上流の本流域からも外れていることから、タイで事業展開する上で最大のリスクとなる洪水の心配が低い。さらに、工業団地としては、大規模な人口貯水池(3,600万㎡)を有すが、この貯水池も高さ2mの堤防によってガードされている。また、工業団地の要所に排水設備を完備するハード的な側面での対応に加え、周辺地域の水位のモニタリングやテナントへの情報配信を行う等、ソフト面での取り組みも充実している。

また、土地の性質として、地盤が固くしっかりしているため、杭なしの基礎工事が可能だ。建物の建設コストを20%も抑えることができるため、イニシャルコストを低減する事ができる。

ASEAN展開の足掛かりとなるタイ

さらに、同工業団地の魅力はそのロケーションにあるだろう。その優位性は、大きく以下の3つの観点から伺うことができる。 まず第一に、顧客企業へのアクセスに便利な点だ。バンコク北部や南部に点在する自動車、電機・電子製品の主要メーカーのどちらへもアクセスしやすい(次ページの地図を参照)。こうした立地のよさもあり、同工業団地には自動車、化学、機械、電機・電子製品向けの部品や素材を製造する企業が幅広く入居している。

に、ワーカーの出身地からもアクセスがよく、労働力の確保にも心配が少ない。ここ数年、タイで事業を営む上で最も大きな課題としてあがっているのが人材の確保だ。工業団地は、多くの労働力を供出するタイの東北地方の入口に立地しているため、労働者が就労・定着しやすい。東北地方の310万人以上の労働力を活用しやすいロケーションである。

また、工業団地として、タイの東北エリアで人材を確保するためのリクルーティング・広報活動にも力を入れており、その範囲は今後、カンボジアやラオスの周辺国にも広げていく計画がある。

そのほかに、1994年の創業以来、労働問題による赤旗林立、デモ、ストライキ等の労働争議が1件も発生していないことから、労働者にとっても安定して就労できる環境であることが伺える。

そして最後に、タイプラスワンへのアクセスを考えるうえで、優位なロケーションが近年注目を集める大きな理由となっている。東西経済回廊(Southern Economic Corridor : SEC)の中間に位置し、ヤンゴン、バンコク、プノンペン、ホーチミンの経済圏へ事業を展開して行く上での拠点になりうる。工業団地としても現在、ベトナムやミャンマーに関する展開を計画中であるため、今後の具体的な展開に期待したい。
 

新規レンタル工場プロジェクト

304

近年、中小企業のタイ進出も多くなってきたことから、入居企業のニーズも変化してきている。304工業団地では、直近の新たな取組みとして、2,000㎡と1,000㎡のレンタル工場を建設2013年12月に完成。入居企業はイニシャルコストを抑えながら、事業の立上げを行うことができる。レンタル工場のプレセールスに関しては2013年10月より開始しており、現在入居者を募集している。

バンコク周辺の日系企業

304

基本データ

304 Industrial Park (Prachinburi)

BOI恩典:BOI第3ゾーン 総面積:12,500ライ(2,000万㎡) 設立年:1994 入居企業数:112(2013年8月時点)※プラチンブリ、チャチュンサオ合計 入居主要企業:王子製紙、SIAMアイシン、東芝、キヤノン

基本インフラ

電力供給:406MW(自家発電所)+国営電力公社予備電力 貯水量:36百万㎥ 通信設備:電話回線(CDMA430, WLL, ISDN, IP Star, DID) 携帯電話:800MHz~1900MHz, GSM, CDMA, Cellular4 70 インターネット:(各種高速回線完備)

304

304 Industrial Park 2 (Chachoengsao)

BOI恩典:BOI第2ゾーン、保税区 総面積:6,000ライ(960万㎡) 設立年:2005 入居主要企業:クボタ

基本インフラ

電力供給:50MW(自家発電所)+国営電力公社予備電力 貯水量:6百万㎥ 通信設備:電話回線(CDMA430, WLL, ISDN, IP Star, DID)

304の三大特徴

1 洪水問題無縁。 平均海抜20メートルのところにおり、遊水路が周りにない。
2 アユタヤ地区工業団地、中部地区工業団地、東海岸地区工業団地などの諸工業団地の「扇の要」に位置しており、顧客・サプライヤへのアクセスが2時間以内で可能。
3 大きな労働供給元が近くに。310万人以上の東北地方の労働者がバンコクに求職のため、移動してくるアプローチに位置している。

問い合わせ先




304 Industrial Park Co., Ltd.

106 Moo 7, Thatoom, Srimahaphot, Prachinburi 25140 Thailand

Contact person:Advisor to President 飯田 毅 (Mr. Takeshi Iida)(JP)  TEL +66-3-720-8650


『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0