Mitsubishi Electric Factory Automation (Thailand) Co., Ltd.


顔の見えるFAで、人と技術をつなぎ
未来への架け橋をつくる

三菱電機株式会社
Mitsubishi Electric Factory Automation (Thailand) Co., Ltd.


日本のものづくり産業を支え、世界へ、未来へと牽引するリーディングカンパニーである三菱電機。
その三菱電機が、タイでのFA 事業を本格稼動させた。
今後の動きが注目される同社の、最新事情に迫る。

三菱電機株式会社

Managing Director
川崎 豊 氏
Mr.Yutaka Kawasaki


世界の三菱電機、FAでタイへ本格進出


    日本が誇る老舗メーカーである三菱電機。その三菱電機が、タイにおけるFA(Factory Automation)事業を更に強化し、専門的な顧客ニーズに対応するための法人、Mitsubishi Electric Factory Automation (Thailand) Co., Ltd.(以下、MELFT)を昨年立ち上げた。


    高い技術力、製品力はもちろんのこと、タイ法人ならではの強みを尋ねてみた。


    「人と機械が調和された、最適なシステムのご提供を心がけています。自動化の技術を使いこなすのは、結局は人です。そのため、人を育てることが、ものづくりを支えることにつながると考えています。」そう語る、同社代表の川崎豊氏。


    では実際、どのようなサービスを展開しているのか。その実体を追ってみた。


タイならではの課題「人材不足」に挑む


    周知のように、タイの製造業が共通に抱えているいくつかの問題がある。


    もっとも悩ましいのは、人材にまつわるものだろう。要因は、慢性的な人手不足や、定着率の低さ、人件費の上昇など様々だが、自動化の技術はそういった課題への解として期待されている。実際、同社への問い合わせや相談は増えており、タイにおけるFAニーズへの手ごたえを感じているとのこと。


    またMELFTの場合、表出する問題だけでなく、抜本的な解決に向けた施策も打ち出している。その一例が、タイ人向けのトレーニングスクールであり、デモ機を使っての体験的な講座は好評のようだ。基本操作から応用プログラミングまで授業は全てタイ語で行っており、かつ、顧客の要望にあわせて個別メニューの提供や出前トレーニングにも応じている。人気コースは3ヶ月先まで予約されており、現在、拡張工事中とのこと。


三菱電機株式会社

※写真左:トレーニングスクールの様子、右:トレーニングを終え、修了証書を手にする受講者たち

「ものづくりに関わるタイの人々へ技術を伝えることで、タイと日本の架け橋になれればという願いもあります」


    その言葉通り、同社は幅広い人材育成支援のためのツールを用意している。勤務先や外出先、自宅、どこでも無料で学習が可能なeラーニング(タイ語版・英語版他)や、FA用語辞典、FA用語解説集をタイ語で取り揃え、さらなるニーズを満たすべく、ネイティブトレーナーによるDVD教材も製作中という。


工場が抱える問題を解決


    現場からあがってくる声は様々。工場の電力使用量を抑えるための省エネから、生産性の向上と効率化、データの収集や分析をスピーディに行いたい、など。そこで、お客様のご要望に応じて省エネ提案やモニタリングシステムの導入サポート、効率を向上させるための自動化等各種提案ができる同社が、注目を集めている。長年の経験から蓄積されたノウハウと、充実したツールのラインアップによって、多岐にわたる問題であっても解ける鍵を持っているからだろう。


人と未来をつなぐ MELFTの温かいサポート


    信頼と安心のFAを提供する三菱ブランド。タイにおいてそれは、ものづくりの現場を支えるために配慮された体制、「人を支える技術サポートチーム」によって守られている。


    同社に所属する40名以上の技術者は、あらゆる顧客の要望に応えるためにフル稼働しているようだ。システム設計をはじめ、現地調査、メンテナンス、修理や、様々なアフターサポートまで行い、そして教育のために技術トレーナーとしても活躍する。


    きめ細やかな対応と、導入後も含めたトータルサポートが求められるシステム案件で満足を提供できるのも、優秀な技術者あってこそだ。

つねに未来を見つめ、前進を続ける三菱電機。ものづくりの未来を、人でつなぎ、若者へその遺伝子を継承することも大切なミッションと考えている。そのため、将来のエンジニアを育てるべく、教育機関へFA機器を寄贈したり、タイの大学生が参加するロボットコンテストへ毎年協賛。また、タイと日本の架け橋となるべく、タイ経済発展や、日タイ親交へ貢献を続けている。


    三菱の温かいサポートは、ものづくりの現場だけでなく、あまねく広がりつつある。


※ MELFT は三菱電機㈱がF.A.TECH 社の事業を買収し、F.A. TECH 社とMitsubishi Electric Automation (Thailand) Co.,Ltd.(三菱電機オートメーション(タイ))のFA 機器・NCの販売・サービス部門を統合して設立。


MELFT の人材育成と顧客サポートへの取り組み


「泰日経済技術振興協会(TPA)ロボットコンテスト」,


    MELFT はその前身※ の時代からTPAロボットコンテストへ協賛している。TPAロボットコンテストは、青少年が科学技術の面白さに目覚め関心を持つことを目的に毎年開催されている。毎年全国の大学から100チームあまりの申込みがあり、選抜された16チームにより優勝が競われる。ロボットコンテストの中ではPLC Competition も開催され、学生はPLCを含むロボット等によって競技を行う。MELFT は本大会を通じて将来タイの産業界で活躍する学生の知識やスキルの向上に貢献している。


三菱電機株式会社

写真:2013年ロボットコンテストの様子


「日系顧客部の活動」


    MELFT は日系顧客部を設立し、在タイ日系企業へのサポートを強化している。日本における営業活動の蓄積を基に、タイにおける顧客ニーズにも三菱電機としてワンストップで対応している。また、販売活動のみならず、ユーザーと装置メーカ、盤メーカやシステムインテグレータとの橋渡しも行っている。タイでも生産現場のベストパートナーへ、をスローガンに、日々サポートレベルの向上に努めている。


三菱電機株式会社

写真:左から福田さん、山口さん、川崎さん、手嶋さん




Mitsubishi Electric Factory Automation (Thailand) Co., Ltd.

12th Floor, SV.City Building, Office Tower 1, No. 896/19 and 20 Rama 3 Road, Kwaeng Bangpongpang, Khet Yannawa, Bangkok 10120

山口 TEL 089-876-1232

手嶋 TEL 084-389-1232

サラーウット(日本語可) TEL 086-760-7787



『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0