BP Industrial Park

 


◎ 戦略的立地を活かした事業拡大のチャンスを提供

BP Industrial Park


 


    バンコク市内・バンコク港・レムチャバン港まで75km、スワンナプーム空港まで50kmの好立地に構えるBP Industrial Park。日系企業を 中心に誘致活動を行いKoyo Joint (Thailand) Co.,Ltd .などの日系企業が操業中だ。トヨタ自動車のバンポー工場と隣接しており、今後自動車業界からの投資が見込まれている。「企業経営をしていく上で必須である”人・もの・金(売上)”。この3つの要素を提供することできるのが、 BP Industrial Parkの強みだ。」とPhitak Jarusombuti 社長。今注目を集めている新興工業団地の今後を聞いてみた。

 

 

■「人・もの」を確保する  

 

    人材の定着率が低いタイにおいて、人材の確保は全企業共通の課題だ。定着率の向上に向けた企業努力は当然必要であるものの、人の入れ替わりは避けられない。「当団地は、バンコク・チャチューンサオ・チョンブリ―・サケーオの県境に近隣しており、人材の確保がしやすい環境にあります。また、団地周辺に BigCやロビンソンといった商業施設や、病院・銀行・各種レストランが集結しており、住環境も整備されています」と語る Phitak 社長。

 

    「入居企業の事業リスクを減らし、事業拡大のチャンスの提供を目指す」というのがBP Industrialの考え方だ。「人材確保のしやすさに加え、この土地ではこれまで洪水被害がなく、電力はバーンパコン発電所から安定的に供給される。る」とも。

 

    立地を活かした利点は物流という点にも表れている。「バンコク市内・バンコク港・レムチャバン港まで75km、スワンナプーム空港まで50km。そして8 車線の国道314号線に隣接しており、高速道路までわずか7km」というロケーションも当工業団地の強みだ。そして、現在は物流センター・倉庫の誘致計画 もあり、物流拠点としての役割も担っていきたいという考えだ。


 

■トヨタ自動車のバンポー工場に近接

 

    500ライ以上の敷地内で、新規進出企業からタイ国内での事業拡大まで、幅広く対応できることも魅力の一つ。事務所・住居施設付きのレンタル工場から、大 型用地まで提案が可能だ。「国内・外の投資に対応すべく、団地内はニーズに合わせて、4000㎡の大型倉庫、2000㎡の中型倉庫、1000㎡の小型倉庫 の賃貸土地、10~315ライ(4800坪~15万坪)の工場建設用の販売土地に区分けをしています。」とニーズ・用途にあわせて柔軟に対応をしている。

 

    「トヨタ自動車バンポー工場の3番ゲートに直結する橋があり、自動車部品メーカーの投資に最適です。」と語るPhitak社長。実際に、自動車産業からの 問合せに手ごたえを感じている。「目指すは団地内でのサプライチェーンの構築。それによる入居企業の売上拡大。」と先を見据えている。

 

 

 

 


 

    BP Industrial Park は土地、工場、倉庫、商業施設、住居エリアなど幅広い施設を備えた工業団地です。工場、倉庫、事務所は建て売りもしくは 賃貸が可能で、ショールーム、事務所スペース、住居スペースを備えた使い勝手の良い物件もご用意。315ライ(1ライ=1,600㎡)以上の敷地内で。新 規進出にも事業拡張にも適した事業用地をご提案いたします。 ロケーションはチャチュンサオ県バンポー郡、トヨタ自動車バンポー工場に隣接しています。未 だかつて洪水被害はありません。国道314号線に接しており、モーターウェイ7km、スワンナプーム空港50km、レムチャバン深海港73km、そしてバ ンコク都心までわずか75kmと、各地へのアクセスも至便。 ASEAN経済共同体(AEC)に向けた事業展開にも適した立地条件です。タイの製造業の中心 である東部に展開する、物流条件にめぐまれた団地です。

 

500ライ以上の広い敷地に、アパートなどの宿泊施設、各種店舗の商業施設、工場・倉庫建設用地をご用意

 

BP Industrial Park

99 Village No. 1 Klong Prawet Ban Pho Chachoengsao 24140

お問合せ  080-65-2222

http://www.bpindustrialpark.com

 


引用:
0