IDEC ASIA (THAILAND) CO.,LTD.

安全・制御のパイオニア単品からワンストップサービスへ



FullSizeRender
    各種スイッチ類やリレーなど制御コンポーネントのサプライヤーとして知名度の高いIDEC(アイデック)。東南アジア経済の発展、日系を中心とした企業の進出が進むなか、2012年にサラブリ―工場を設立。翌13年にはバンコク事務所を開設し、顧客サービスを本格化させた。ASEANにおいては、主力の制御コンポーネント販売は勿論のこと、企業の要望に対して包括的に応えるワンストップサービスの提供に力を入れている。IDECの今を聞いてみた。














■「安全」のプロフェッショナル

 

    人件費が上昇し、人材の流動性が高いのが最近のタイの労働市場。かつての労働集約型の産業構造は改められ、ロボットの導入や自 動化が業種の垣根を超えて進められている。生産効率向上を進めるため自動化は進化を続けており、人と機械の新しいコミュニケーシ ョン、同じ現場で共存するための「危険」予防・対策への要求が急速に高まりを見せている。高速で動くロボットアーム、無人の搬送車(AGV)、一つ間違えば大事故となりえる危険 源の増加に伴いものづくりの現場で「安全」に対する意識が高まっている。


    こうしたものづくり現場環境の変化を背景にタイ政府は昨年から、日本の一般社団法人日本電気制御機器工業会(NECA)が推奨する安全に関する「セーフティアセッサ資格認証制度」をタイ国内に導入。タイ人オペレーターや生産技術担当者への浸透を進めている。初級の「セーフティベーシックアセッサ」は1日の受講と試験だけだが、最上位の資格を取得すれば機械安全の妥当性評価が任され、現場責任者への道も開ける。産業が集積するタイで、今、人気のある個人資格の一つでもある。


    ものづくり現場の「安全」プロフェッショナルとして日本を代表する企業IDECは、これらタイ政府の取り組みに全面的な協力を続けている安全・制御のパイオニア。安全知識の普及を目的に資格制度の啓発活動や、現場のオペレーターらを対象としたセミナーの開催を通して、個別顧客へ安全解説・指導なども行っている。ものづくり現場の「制御」、「安全」に長年の経験と実績を持つ同社のセミナーは常に人気で順番待ちが出るほどの盛況ぶりだ。

 

■課題解決のソリューションパートナー

 

    同社のもう一つの強味が、現地に持つ多彩なパートナー企業の存在だ。顧客の要望・悩みに応え、コンポーネントの供給に留まらず、制御盤提供、防爆対応・システム化支援などの多彩な対応をパートナー企業との協力で実現している。信頼関係で結ばれたこれらパートナーの存在が、顧客の課題解決パートナーとしての同社のサービスを支えている。パートナー企業の能力拡大・強化にも積極的に協力しており、今後さらに同社の課題解決能力、サービス力を拡充する。

  

    化学プラントの充足や更なる自動化、ロボットの導入が進むタイの製造業の現場。市場のニーズは時代とともに細分化され、顧客の要望も多岐にわたっている。そうした時に、機動力を持って対応できるのが多くのパートナー企業と協力関係を持つIDECのワンストップサービスだ。「当社のタイ事業は信頼できる現地のパートナー企業とともにあります。これからも、この点を強く訴求して更なるサービス向上を目指したい」。現場を預かる車泰尚General Manager はこう力強く話してインタビューを結んだ。 

factoryline 防爆 4957




IDEC ASIA (THAILAND) CO.,LTD.


20th Fl., Sorachai Bldg., No.23/78, Soi Sukhumvit 63, Sukhumvit Rd.,Klongton-Nua, Wattana, Bangkok 10110
02-392-9765
Fax : 02-392-9768
sales@th.idec.com
http://asia.idec.com/copy-of-home 


『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0