OMI WEIGHING MACHINE (THAILAND) CO.,LTD.

タイの産業発展とともに
計量装置の総合システムメーカー


Omi1
    工業や農業といった業種に関わらず、生産の現場において欠かす ことのできないものに「計量」という作業がある。質量や体積を 量り、時にそれらを混ぜ合わせ(組み合わせ)、作用を加える。これによ って新たな「モノ」が形作られていく。産業の土台、基礎作り。その大役 を1世紀以上に渡って担い続けてきたのが、滋賀県に本社を置く計量 装置の総合システムメーカー「近江度量衡」だ。創業の明治33年は西 暦のちょうど1900年。19世紀から21世紀にかけて歴代3つの世紀を渡 り歩いてきた計量のプロフェッショナルが、タイの大地で新たな産業の 下支えに挑もうとしている。









    同社の事業は大きく2つに分かれる。工業分 野と農業分野。いずれも人間社会に関わる根 幹の産業だ。このうち前者では、タイヤ、産業用 ゴム、ガラス、液晶、金属、樹脂といった業界を 主な顧客とし、工業用計量配合プラントや関連 機器類等を納めている。一方、後者はJAや食 品加工メーカーなどを対象とし、米穀乾燥調 製貯蔵施設の荷受計量機や糖度計などの農 産物選別システムといった農産物の測量に関 わるあらゆるものを開発、納品している。

    顧客のニーズはさまざま。計量する原材料 の性質や状態などによっても大きく異なってく る。それらを丹念に実現に導くのが同社の営 業の基本だ。設計から制作、据付、ソフトウエア の開発、メンテナンス、エンジニアリングまで 全てを自社内で一貫生産・対応。これによって 達成できるきめの細かいサポートが人気を集 めている。ニーズに応じた多品種少量生産が 特徴だ。

    タイに進出したのは2008年のこと。合弁相 手の白石カルシウム(大阪市)からの紹介だっ た。タイで炭酸カルシウムなど化学品原材料 の販売を手掛ける同社から市場の動向を聞 き、進出を決断した。現在、天然ゴムの一大生 産地タイで、工業向けゴム製品などの生産、納 品に取り組んでいる。さまざまな資材の現地 調達が可能となったタイで、今後はガラスや樹 脂、農業、食品分野への進出も検討している。

    産業が集積するタイの市場では年々、競争 が激しくなり、安価な中国製品なども目立つよ うになった。だが、「計量は製品の品質を左右 するものなので安かろう、悪かろうの競争はし ない」とタイ法人「タイ近江度量衡」の山内洋 治GMは断言する。計量が不正確であれば、品 質の悪いバッチや廃棄に繋がるためだ。むし ろ懸念するのはタイでも始まっている少子化、 労働力の減少だ。近い将来、必須となる生産現 場での省人化、自動化。こうした市場の要請に もいち早く取り組んで、自動倉庫と連動した計 量システムの導入やトレーサビリティー実施、 ポカ除けの提案なども行っている。

    人口が増え、経済成長が続くアセアンからイ ンドにかけてのアジア一円を、これからの時代 の有望市場と見る。アセアン経済共同体(AEC) の発足や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP) が追い風になるとも読む。人口20億人にも上 る史上まれに見る巨大市場。高い技術と伝統 を武器に、産業の足下を支え続けた同社の活 躍の場面は当面、尽きそうにない。

Omi2 Omi3
Omi4 Omi5



OMI WEIGHING MACHINE (THAILAND ) CO.,LTD.


90/43 16th Floor, Sathorn Thani Bldg.1, North Sathorn Road, Silom, Bangrak, Bangkok 10500
02-636-7702
Fax : 02-636-7703
yamauchi.omt@omiscale.co.jp
http://www.omiscale.co.jp/copy-of-home 



『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0