Formplas Technology (Thailand) Co.,Ltd.

金型特集

Formplas Technology (Thailand) Co.,Ltd.

強みは人材、技術者への厚い信頼

多国籍人材をまとめるシンガポール流の経営術



    樹脂成形金型、成形部品の製造を手掛 けるFormplasは1997年にシンガポー ルで創業。多くの日系企業を顧客として抱え技 術を磨いてきたが、取引先がタイへ生産拠点 を移管。彼らの強い要望もあり同社もタイへ 進出し、2001年にワンノイで操業を開始し た。その後、日系家電・OA機器メーカーとの取 引を拡大し、ロジャナ工業団地内へ移転。今 後、さらなる事業拡大を目指している。

    「シンガポール、日本、インド、中国、タイ」、 Formplasは多国籍集団だ。これにはKo社長 の狙いがある。「技術・ノウハウは人につくも の。だから、ジョブホッピングで技術者が入れ 替るリスクを避けたい」という。現在、中国人 6名、インド人4名の技術者を抱えている。 「ペーパーフィルターのインサート成形(写 真)ができるのは、タイでは数社だけだろう。 長年の経験をもった中国人技術者による金 型設計の結晶だ」と語る同氏。この技術を聞 きつけた家電メーカーが相談に来たこともあ る。「技術に限界はない。彼らの更なる成長に 期待している」と(同)。彼らの技術を活かす ために投資も積極的に行っている。マシニン グセンタはMakino製、放電加工機はSodick 製、測定器はKeyence製と日本製の設備を中 心に揃えている。「精度を求めれば必然と日 本製になる。安くはないが良いモノを作るた め」と同氏。

    「自動車部品の生産量も増やしていきたい」 と語るのは黒土GM。既に金型・成形一貫での 受注を開始している。ISO 9001:2015を取得 しており、現在TS16949の取得に向けて活動 中だ。

    「既存の成形部品の取引を通じて、自動車業 界内でも、できることはたくさんあると感じた。 技術者達もチャレンジを望んでいる」(同)。イ ンタビューに繰り返しでてくる技術者への信頼 の言葉。今後のFormplas社と技術者の成長に 期待だ。





Formplas Technology (Thailand) Co.,Ltd.


1/49 Rojana Industrial Park, Moo 5, Tambol Kanham, Amphur Uthai, Ayutthaya 13210 THAILAND
035-746-993

お問い合わせ先:
Ko
ko@formplas.co.th
089-813-0630

『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0