中国民航企業が航空複合材料補修の新たな一歩を実現

【11月28日新華網】

 

 南方航空瀋陽補修基地は26日に、初めてのエアバスA320シリーズ航空機V2500A5エンジンの逆推力装置修復作業を順調に竣工したと発表した。これは南方航空瀋陽補修基地が国内で初めて同型エンジンの逆推力装置修復を完成させた補修機関となったことを意味し、A320シリーズ航空機の補修のワンストップサービスが実現し、補修コストを大幅に低減する。

 

 民航東北管理局副局長の湯勁は、初回補修にはあらゆる典型的な複合材料構造の修理が含まれ、中国民間航空補修業の技術空白のひとつが埋められたと述べた。瀋陽補修基地が現在最新の材料と技術を応用し、メーカーの技術サポートを受けずに行った初めての付属品プロジェクトとなる。情報によると、瀋陽補修基地は南方航空A320シリーズ航空機の主要補修基地となり、現在大流量ガスと液圧プロジェクトのアップグレード改造を急いでおり、まもなく生産能力を形成し、大型付属品修理における国内トップの地位をさらに揺るぎないものにする

 


引用:
0