紳宝製品陣容9モデルまで増加へ SUV・公用車が力を発揮

【11月26日新華網】

 

 2013年、北汽紳宝は傘下の初モデル紳宝D70を発表、同モデルの発売は北汽集団の50年以上の発展の歴史の中で重要なマイルストーンとなり、また「紳宝」は北汽の自主乗用車分野のハイエンドブランドとなった。その後、北汽はさらにD50、D60、D20の3モデルのDシリーズ乗用車を相次いで打ち出し、「紳宝」のハイエンドブランドのイメージをよりいっそう深く確立した。企業計画によると、今後紳宝はさらにSUV、MPV、電気自動車を含め、さまざまな車種で異なるクラスの製品陣容を登場させる予定。

 

 先頃、北汽紳宝が発売予定の新型車について記者が調べたところによれば、D80、X65、CCを含む3モデルが2015年に正式発売される可能性があり、またこれに加えてX55及び小型SUVのX25も発表される。これらの新モデルが完成し生産開始後、紳宝傘下の製品陣容は9モデルまで増え、その内SUVと公用車が主導的地位を占める。


引用:
0