Mobile Innovation Company Limited

小型センサが活躍。アセット管理サービスをスタート





    NTTドコモの出資で設立されたMobile Innovation。「安心と安全」を届けることを目的とし、車両運行管理サービス、SMS一斉連絡サービスや、ドコモサポートデスクの運営など、多岐にわたる事業をタイの地で展開している。そんな同社が新たにスタートしたのが“アセット管理”サービスだ。その概要を聞いた。
 
    同社が以前から提供する車両運行管理サービスでは、ガソリン盗難防止の機能がある。日本ではなじみが薄いが、タイでは一般的なニーズだ。「地域によって管理すべき対象(資産)が異なる。対象が変われば管理手法も変化する」と話すのは一矢社長。そこで、同社では顧客の様々なニーズに対応できる、アセット管理サービスを新たに開始した。
 
    活躍するのは小型センサだ。センサがその周囲の温度・湿度・位置・振動・光度・音などの情報を集めて受信機に発信する。受信機は携帯電波を利用してタイムリーにサーバに情報をアップロード。管理者はパソコンから情報をいつでも確認することができる。
 
    利用事例として、生鮮食品輸送時の温度管理が挙げられる。荷台にセンサを設置し、ドライバーは意識することなく、本社では状況把握ができる。「タイムリーな状況確認ができることがポイント」と一矢社長は話す。通常では、温度データロガーを使用して温度を記録しているが、出発してしまえばトラックが戻ってくるまで状況はわからない。そのため、輸送中に温度変化があれば荷物に影響がでてしまう。一方、同センサを使用すればタイムリーな温度管理が可能なため、温度の上昇などの異常値が現れればすぐにドライバーに連絡して指示をだすことができる。同センサによる管理は、医薬品業界でも使用されている。同業界ではGDPと呼ばれる適正流通基準があり、品質管理においてこの小型センサーが活躍している。
 
    「流通業界に限らずあらゆるシーンで利用できると考えています」(同)。その一つとして製造業の現場を挙げている。“温度・湿度・振動・光度・音”プラス“GPSによる位置情報”をタイムリーに管理できる同システム。商品の追跡・盗難防止・入退室管理・作業の危険防止など様々な提案が可能だ。「現場の課題をお聞きしながら、利用シーンを増やしていきたい」と力強く語り取材を終えた。
 



Mobile Innovation Company Limited


No.128/224,227,228, 21st Floor, Payatai Plaza Building, Phayathai Road,KwaengThung-Phayathai, Khet Rajthevee, Bangkok 10400
02-129-3800
http://www.mobileinnovation.asia//copy-of-home 


お問い合わせ先:
大島
085-211-1946
oshimar@mobileinnovation.co.th

『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0