武漢で新エネルギー車購入奨励 最高12万元補助

【11月5日新華網】
 

  中国新エネルギー自動車使用モデル都市のひとつである武漢で、新エネルギー自動車の購入と使用を奨励する新たな措置が発表された。団体または個人で新エネルギー自動車を購入すると、最高12万元の補助が得られる。武漢市の規定では、地方手当を受けられる新エネルギー自動車は、中央財政補助範囲のタイプの新エネルギー自動車を対象とし、純電気自動車、プラグインハイブリッド自動車(モーターアシスト型を含む)、燃料電池自動車が含まれる。新エネルギー自動車は同市で購入し領収証を受領、国の規定に基づいて車両購入税免除の手続きを行い、領収証を取得してから3ヶ月以内に同市の車両管理所で登録を完成させる必要がある。
 

  この方法により、武漢市民は新エネルギー自動車1台購入で最高12万元、最低7万元の補助を得ることができ、補助は車両価格から直接控除される。国と地方の財政補助の総額は車両販売価格の60%を最高限度としている。


引用:
0