月探査第3期飛行試験機発射成功

【10月24日新華網】
 

  北京時間2014年10月24日02時00分、中国自主開発の月探査プロジェクト第3期の帰還飛行試験機が西昌衛星発射センターから打ち上げられ、近地点高度209km、遠地点高度41.3万kmの月遷移軌道へ正確に到達した。飛行試験機は今後さらに約84万kmの宇宙飛行を行い、5段階に分けられ、時間は8日間4時間30分かかる。
 

  今回の試験任務は中国月探査プロジェクト第3期の重要な検証飛行試験であり、主な目的は月探査飛行機帰還のコア技術を実現と掌握することであり、月面探査機・嫦娥5号プロジェクトにデータを提供する。試験任務は飛行試験機、衛星打ち上げロケット、発射場、制御・回収の四大システムから成る。


引用:
0