中国のフラットパネルディスプレイ産業急速成長

【10月14日新華網】
 

  記者が先日開催された2014中国フラットパネルディスプレイ産業革新発展戦略聯盟検討会で知り得た情報によると、近年中国のディスプレイパネル産業は産業規模、技術水準、革新能力、産業チェーン施設構築等の面で着実に向上しており、産業発展環境がより改善され、産業の急速な成長と良好な発展という素晴らしい状況を呈している。
 

  工信部電子司の喬躍山氏が検討会で紹介したところによると、今年1~7月の中国の液晶ディスプレイの輸入は248.25億米ドル、輸出は181.30億米ドル、貿易赤字は66.95億米ドルと前年同期比で22%縮小した。合肥京東方と蘇州三星の8.5世代ラインが徐々に難関を乗り越え量産を開始したのに伴い、1~8月には中国のテレビ用液晶ディスプレイの自給率は48.2%に達している。


引用:
0