正銘 華南発“製造拠点の統合”から見た、華南ビジネス再構築

第3回 自由貿易協定(FTA)の活用(前半)

製造会社又は貿易会社が国際取引をする際に関税免除の優遇 を受けるには、自由貿易協定(FTA)がありますが、最近これに関す る問合せが急増しています。免税などの優遇措置を受けるには、 FTAの締結国あるいは地区・購入先と販売先の適用状況・優遇税 率・申請条件などの詳細を比較・検討することが極めて重要です。 今回はFTAを理解するために、FTAの関連情報を整理します。

■FTAとは

FTAとは二カ国以上あるいは地域が自由貿易活動を行うため、 関税及び非関税の障壁を撤廃する等の措置を通じて、自由経済圏 を創出するために締結する協定です。つまり、加盟国間の貿易にお ける関税が撤廃・減額されたりします。一方、非加盟国との貿易に 関しては、加盟国は独自の関税を適用します。

■中国とのFTA締結国

中国では現在、ASEAN・シンガポール・チリ・ニュージーランド・コスタリカ・ブ ラジル・パキスタン・アイスランド・スイスとFTAを締結し、同じ中華圏では香港・ マカオとCEPAを、台湾とECFAを結んでおります。

■原産地証明書

FTAは加盟国で生産された商品について関税免除の優遇を受 けられますが、非加盟国で生産された商品が関税率の低い国を経 由し関税率の高い国に輸出すると、非加盟国の商品でも優遇措置 が適用される等、FTAの加盟国にとって不平等になります。このよう な貿易迂回を防ぐために、FTAを利用する場合は、取り扱う商品が 加盟国で生産された商品であることを証明する原産地証明を提出 しなければなりません。

原産地規則はFTAにとって重要な要素で、その国の発展状況な どにより、協定の内容が異なります。原産地を認定する基準として 完全生産品基準と実質的変更基準がありますが、一般的には、完 全生産品基準以外に、関税分類変更基準(CTC)・付加価値基準・加 工工程基準などがあります。

原産地基準一覧表


正銘コンサルティング有限公司
中国広東省深セン市福田区深南大道6021号喜年中心A座604-6-6室
TEL :86-755-2652-5005
WEB : http://www.stakachi.com/

連絡先:
武内美穂      Email:syomeisales@stakachi.com


引用:
0