西安で今年、黄標車と老朽車4万台を淘汰

【9月9日新華網】

新華網西安9月8日、記者が最近西安市環境保護局より得た情報によると、今年西安市は国の排ガス基準を満たしていない「黄標車」や老朽化した車両4万台を淘汰する計画。淘汰政策に基づいて、西安市の各関連部門は、通行が制限されている黄標車と老朽車について1年またはそれ以上前もって廃棄処分を行った場合、省・市レベルの手当て最高1.8万元を支給する。車の持ち主は、車両自動車登記証書、運転免許証、本人の有効な身分証、通帳または単位組織機構証書等の書類を提出し申請するだけでよい。車両登録手続き完了後15営業日以内に、車の持ち主は手当金を受け取ることができる。

「西安市2014年空気汚染対策推進計画」の方針に基づき、今年10月1日から、西安では基準超過車両のブラックリスト制度を設け、三環路区域内で全面的に環境マークを貼っていない車と黄標車に対する電子カメラによる監視を実施、環境保護部門も検問執行検査をより強化する。


引用:
0