量産への歩みを加速 楽視が浙江省にエコカー工場を建設

【8月11日新華網】

 

  8月10日、楽視エコカースーパー工場プロジェクトが杭州で正式にスタートした。同工場は浙江省徳清県に設けられ、計画では総投資額は200億元となる予定。

 

 プロジェクト計画によれば、楽視スーパーカーエコ体験パークの第一段階の計画用地は約4300ムーで、年間40万台の完成車を生産する予定。完成後、体験パークは楽視スーパー自動車の先進製造と観光体験を特色として形成され、楽視体育・楽視音楽・映画テレビのエコ要素を融合し、世界に向けたエコカースーパー工場とテーマパーク観光地となる。

 

 その内、楽視スーパーカー生産パークは国内で初めてのエコカースーパー工場となる。同工場の第一期プロジェクトは60億元を投資し、年間で完成車20万台を生産する予定。第二期は第一期の操業開始後2年以内に着工し、完成車20万台の生産能力を拡大して、プロジェクト投資額は60億元となる。体験パーク内に建設されるビジネス施設は主にオフィスエリアや併設施設等で、投資額は20億元となる。

 


引用:
0