江西省で新エネルギー電気自動車用充電施設建設の歩みを加速

【8月10日新華網】

 

  先頃、記者が江西省政府弁公庁で得た情報によると、厚生省は全省の電気自動車充電インフラ建設を加速することを決定し、今年末までに滬昆、大広、福銀高速道路サービスエリアでの充電インフラの網羅を実現する。

 

 同省は責任分担と進捗スケジュールを以下の通り明確にしている。今年8月に、高速道路サービスエリア電気自動車充電インフラ建設計画を研究制定。今年年末までに建設任務を完了し、滬昆、大広、福銀高速道路サービスエリア充電インフラの網羅を完了。2017年に、昌北空港と杭瑞、済広高速道路サービスエリア充電インフラの着工。2020年末までに全省のすべての高速道路サービスエリアを網羅する急速充電ネットワークの完成を目指す。これにより同省の電気自動車産業チェーンの発展を急速に牽引し、同省での新エネルギー発展戦略の進捗を大幅に促進する。


引用:
0