世界の鉄鋼生産量、上半期1.9%減

【7月22日新華網】

 

  世界鉄鋼協会が20日に発表した最新統計データによると、主に欧州と中南米での生産量減少の影響により、今年上半期の世界の鉄鋼総生産量は前年同期比で1.9%減少し、7.948億トンとなった。

 

 66の国と地域の鉄鋼生産状況をカバーするこの統計データでは、今年に入ってからの6ヶ月間に欧州での鉄鋼生産が前年同期比で6.1%減少、中南米では13.8%の大幅な減少、北米では0.6%と小幅な減少、アジアは1.0%減少となっている。

 

 6月の世界の鉄鋼生産量は1.36億トンで安定。中国の同月の鉄鋼生産量は6950万トンに達し、前年同期比の伸び幅は1.7%だった。

 

 中国は世界最大の鉄鋼の生産国・消費国である。過剰な鉄鋼生産能力を効率的に解消するため、中国政府は近年積極的に有効な措置を講じてきた。2011年以降、中国では9000万トン以上の鉄鋼生産能力が淘汰されている。また、中国の鉄鋼企業は市場の需要に応じて自主的に減産を続けており、2020年までに1.5億トンの鉄鋼生産能力を減らすことを承諾している。

 

 世界鉄鋼協会の統計によれば、2015年の中国の鉄鋼生産量は前年に比べ2.3%減少した。


引用:
0