ベトナムの日本食

vietnam

 

 現在、ベトナム全土にある日本食レストランは1000店を越えると言われています。私がベトナムに最初に来たころは、ハノイに2、3店舗しかなかったことを考えると、とんでもなく増えた印象です。駐在している日本人の数からするとありすぎの感がありますが、それだけベトナム人が日本食を食べるのがポピュラーになってきたということだと思います。

 

 日本食材を輸入する企業も多く、また日本からの食材の売り込みも頻繁に行われているようです。そういった状況から、ベトナム人が日本に行って実際に飲食し、食材を選定することが普通に行われています。ベトナム人の好みに合うものはやはりベトナム人にしか分からないのです。それでも彼らは非常によく情報を集めており、日本で流行っているもの、日本人の調理の仕方、どんな食材と合わせるのが良いのかといった味付け然り、本当に良く知っています。

 

 一般のベトナム人が日本食レストランに行くと、やはりイメージがあるのでしょう。刺身、寿司、日本酒(暑い気候なのに熱燗)を嗜むのがまず入り口のようです。日本の牛肉も有名で、皆口をそろえて神戸牛と言っています。

 

 

 1000店舗も越えてくると、なんちゃって日本レストランも数多く存在し、ベトナム人だけで全てをやりくりしているレストランもたくさんあります。出汁の入っていない味噌汁もそんなところでは定番です。
 
 でも、日本人が様々な世界の料理を日本風にアレンジしていったのと同じように、ベトナム人の作る日本食も徐々にベトナム風に完成されていくのかもしれません。価格は、日本人でも高いと感じる価格帯のお店が多いです。


 ある日本の市の食品関連会社3社が訪越し、現地で試食会を開催しました。実際に飲食してもらうと評判は上々。個人的には是非買いたいとなるのですが、商売としてベトナム人に受けるかというと判断は難しいようで、成約するのはなかなか難しいです。


 食はその地で培われた文化みたいなもので、日本でおいしいと言われているからといって、他の国の人がおいしく思うとは限らないものです。特にハノイやホーチミンには、日本食に限らず世界各国のレストランがあります。駐在している者からすれば非常にありがたいことですが、ベトナム料理も世界に誇れる味と思っています。

 

鈴木一也:1968年5月生まれ。2014年7月株式会社NCネットワークベトナムに駐在。日々、日系、ローカル、外資の工場訪問を繰り返し、困りごとを聞いて回る。ベトナム暦23年の経験も活かし、調達先探し、営業サポート、ベトナム進出など、製造業に関わる相談、サポートを行う。

 

Company Name:*
Name:*
E-mail:*
Mobile or
    Telephone:*

※Please input international code(国番号からご入力ください) JP:81 CH:86 TH:66 Ex)81-03-0000-0000


*Please input all