第1回中国国際輸入博覧会――世界の「工場」から「市場」へ

 

 11月5日、「第1回中国国際輸入博覧会(CIIE2018)」が国家会展中心(上海)で開幕しました。習近平国家主席は開幕式で演説し、中国が今後15年で物品とサービスを合計40兆ドル超輸入する見通しだと発表。「中国の開かれたドアは閉まることなく、ますます大きく開いていく」と述べ、輸入拡大と市場開放をさらに進める姿勢を鮮明にしました。

 

 同博覧会は、2017年5月、北京で開催された「一帯一路」国際協力サミットフォーラムにおいて、習氏が開催を発表したことにはじまります。輸入をテーマとした国際博覧会として、5日から10日にかけて、国家貿易投資総合展、企業商業展、虹橋国際経済貿易フォーラムが同時開催されました。172の国・地域・国際組織が参加し、3600社を超える企業が出展。総展示面積は約30万平米に達し、来場する国内外のバイヤーは40万人を超えると見込んでいます。企業商業展には、サービス・貿易、自動車、スマート・ハイエンド設備、民生用電子機器・家電、服装・服飾、日用品、医療器械・医薬・ヘルスケア、食品・農産品の7つの展示エリアが設置され、出展企業は中国市場のニーズに合わせた様々な技術や製品を展示。商談を通じてビジネスチャンスを探り、中国での市場拡大を目指しました。

 

 

 展示面積が6万平米に達するスマート・ハイエンド設備の展示エリアには、日立製作所、キヤノン、マイクロソフト、シーメンスなど、40カ国・地域から400社以上が出展したほか、産業用ロボットではファナック、クーカ、不二越など、工作機械ではヤマザキマザック、オークマ、ブラザー工業などの企業が先端技術による製品を展示しました。注目を集めた自動車エリアには、トヨタ、ホンダ、日産、メルセデス・ベンツ、BMWなどの大手自動車メーカーや、アイシン精機、デンソー、ボッシュ、ZFといった部品メーカーなど「世界500強企業」に選ばれた企業を含む約70社が出展しました。

 

 改革開放から40年の今年に開催された同博覧会の1回目には、日本から最大規模となる約450社が出展したほか、アメリカの企業も約180社が出展しました。同博覧会は世界各国との経済交流・協力を強化することで世界貿易と経済の成長を促し、開放型の世界経済発展を促進すると期待されています。

                 

                                  FNA マガジンチャイナ 編集部

Company Name:
Name:
E-mail:
Mobile:

※Please input international code(国番号からご入力ください) JP:81 CH:86 TH:66 Ex)81-03-0000-0000