ベトナムの裾野産業

vietnam

 

ベトナム商工省傘下のSIDEC(裾野産業企業発展センター)主催で裾野産業企業の為のワークショップが行われました。自由貿易協定をどうしたらチャンスとして捉えることができるか、注意すべき点などなど、多くのベトナム企業の方々が参加していました。自由化ということは高品質、付加価値の高いサービスなどを求められることになり、必然的に競争が激しくなるということになります。現在でも進出先候補で一番人気のあるベトナムは、多くの外資系企業が参入しており、ローカル企業は、外資系にやられてしまうという危機感が出てきているのだと思います。

 

 

つい最近まで国営企業ばかりで、競争原理がほぼなかった市場があっという間に、激しい競争の渦に巻き込まれています。そんな中、ベトナム企業を参加対象としたこのようなワークショップ、セミナーの類が国内で盛んに行われるようになってきています。

 

ベトナムの中央政府が工業立国を目指すと宣言し、裾野産業を何とかしないといけないと言ってから、伸びていった企業はもちろんありますが、裾野のレベルが底上げされた感はあまりありません。裾野産業の為の予算を関係省庁はある程度保持していますが、どのように使ったらよいのか、効果のある方法をなかなか見出さないでいるようです。ある予算は毎年海外への企業訪問+旅行に消えています。

 

さて今回、私たちがこのワークショップに呼ばれたのは、2017年2月23日、24日に行われる「FBC HANOI 2017ものづくり商談会」の説明を頼まれたからでした。商談、マッチング重視の通常の展示会とは少し違った内容が、商工省の皆様に響いたようで、大いに興味を持っていただきました。多くの日系企業が参加予定のこの商談会にも、多くのベトナム企業が参加していただけるような、活気のあるイベントに今後なっていってもらえればと思います。

 

大塚 哲久:1982年2月生まれ。2010年9月株式会社エヌシーネットワークベトナム設立に伴い、ベトナム駐在。現地にて月に30件の工場訪問を重ねる。ベトナムからの調達活動のサポートおよび、ベトナムへの工場進出相談、サポートを行う。

 

Company Name:*
Name:*
E-mail:*
Mobile or
    Telephone:*

※Please input international code(国番号からご入力ください) JP:81 CH:86 TH:66 Ex)81-03-0000-0000


*Please input all