娯楽の増えるベトナム

娯楽の増えるベトナム

ベトナムに大型のショッピングモールが 次第に増え、イオンなどのファミリー層を 狙ったモールも整ってきました。それに従 い、娯楽施設も増加しつつあり、一昔前と は全くことなる様相を呈してきました。

以前から、映画館はあちこちにあります が、ボーリング場、スライダーのある室内 プール、スケートリンク、カラオケボックスな ども家族連れを集めています。なかでも驚 かされたのは、先日、ホーチミンのイオン モールを訪れた際にたまたま目にした、 ゲームセンターの様子でした。

エスカレーターを降りて目立つ場所に、 日本でよく目にする筐体がありました。「太 鼓の達人」というゲームです。筐体のディス プレイ横には日本語の曲紹介があり、画面 も日本語のまま稼働しています。 ベトナムで 珍しいものをみた思いでゲームセンター の中に入ってみると、数多くの筐体がなら び、そのほとんどが日本のゲームセンター で見たことのあるゲームでした。画面に向 かって銃を撃ちゾンビを倒すシューティン グゲーム、バイクにまたがって操作する レースゲーム、パンチ力を測るゲーム、ビ デオゲーム、ワニワニパニック、ダンスダン スレボリューション、プリクラ、メダルゲー ム、クレーンゲーム。

10年以上前の学生時代に遊んだことの あるゲームが沢山あり、懐かしさでうれし くなりました。日本で人気がなくなった ゲーム筐体たちが、異国の地で日本語の まま、大人も子供も関係なく夢中にさせて いるのです。

ただ、その一方で少し心配になりました。 日本であれば、子供や若者が遊ぶような ゲームを、大人が熱中して遊んでいるので す。今までこのような娯楽がなかったところ にいきなり登場した、グラフィックの美しい ゲーム。まさに、「なだれ込んできた」という 表現がふさわしいでしょう。彼らの没頭ぶり を見るにつけ、ベトナムの行く末に一抹の 不安が頭をよぎりました。娯楽は人々の生 活を豊かにします。

ただし、堕落もさせます。もしかしたら供 給側が調整しながら提供する必要がある のかもしれません。

大塚 哲久:1982 年2 月生まれ。2010 年9 月株式会社エヌシーネットワークベトナム設立に伴い、ベトナム駐在開始。現地にて月に30 件の工場訪問を重ねる。ベトナムからの調達活動のサポートおよび、ベトナムへの工場進出相談、サポートを行う。

Email: ootsuka@nc-net.vn
TEL: +84-4-3719-2826

 

Company Name:*
Name:*
E-mail:*
Mobile or
    Telephone:*

※Please input international code(国番号からご入力ください) JP:81 CH:86 TH:66 Ex)81-03-0000-0000


*Please input all