ベトナムのモバイル事情

vietnam

 

ベトナムのスマホ普及率は40%近く。これは全国平均なので、都市部や若い世代の比率は実はもっと高いです。ちょっと前は家に電話がない家庭もあったのに、固定電話を飛び越えてあっという間に携帯電話の時代になりました。これほどまでにモバイルがあふれている状況を見ると後進国とは思えないほどです。

 

カフェやレストランなどでのWi-Fi 受信は非常に容易くフリーの場合もあり、パスワードがあっても店員に聞けばすぐ教えてくれます。そのパスワードもスポットネームと同じだったり、「88888888」(ベトナムでは8 は良い数字)や「12345678」といったパスワードが多く、セキュリティの意味をほとんどなしていません。しかし、使い手としては非常に便利であり、地方に行ってPC からメールを送りたいときなどはカフェに入りコーヒーを飲みながら、さっと仕事を済ませることも可能です。

 

タクシーの運転手もかなりの確率でスマホを持っています。行き先を行ってもピンとこないときは、すぐスマホで調べることが増えてきました。タクシー会社によってはカーナビが付いているものもあります。ある日本人の方がその会社のタクシーに乗った時、運転手がカーナビで中国将棋をしながら運転し、危ないからと注意しても「OK!」と言いながらちらちら画面を見て次の手を打っていたなんて話もあります。

 

 

スマホを操作しながらの危険な状況や事故は日本でもよく報道されていますが、ベトナムのそれは想像を超えています。車を運転しながらの通話やメッセージは当たり前。バイク運転しているお父さんの前には子供、後ろには赤ん坊を抱いた奥さんの4人乗り、その状況であってもお父さんは通話とメッセージ、などもよくある光景です。しかし実際こういった行為での事故が増えています。

 

社会主義国家であるベトナムにおいても情報の取り方は日本とほとんど変わらず、中国よりずっと緩いです。しかし上記のように、リテラシーや使い方がてんででたらめなこともよく見かけます。あまりに一気に普及したがために、規制が追い付いていないという状況のようです。日本の飲酒運転規制がそうであったように、何か事故が起こってから少しずつ見直しがされていくのでしょう。安全な使い方のための規制が普及するといいなと思います。

 

大塚 哲久:1982年2月生まれ。2010年9月株式会社エヌシーネットワークベトナム設立に伴い、ベトナム駐在。現地にて月に30件の工場訪問を重ねる。ベトナムからの調達活動のサポートおよび、ベトナムへの工場進出相談、サポートを行う。

 

 

Company Name:*
Name:*
E-mail:*
Mobile or
    Telephone:*

※Please input international code(国番号からご入力ください) JP:81 CH:86 TH:66 Ex)81-03-0000-0000


*Please input all