FNAとNCネットワークのアジア事業、FNAに一本化し連携へ

今春タイから、NCネットは国内・米国に経営資源集中

 

 

株式会社FNAジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上直樹)と、株式会社NCネットワーク(本社:東京都台東区、代表取締役:内原康雄)は今春をめどに、双方が現地法人を持つタイの事業をFNA現地法人に一本化します。

 

また、NCネットワークのベトナム現地法人内にFNAが事務所を設立します。両社はともに、製造業に特化したビジネスマッチング支援事業を展開しており、NCネットワークは国内と米国に、FNAは中国、タイなどアジアに、それぞれ強みを持っています。

 

とくにアジアでは取引先も重複していることから、原則としてFNAにアジア事業を一本化し、事業提携関係を強化します。これによりFNAはアジア事業を拡大し、NCネットワークは国内と米国の事業に経営資源をシフトします。

 

 

 

FNAジャパンは2003年にファクトリーネットワークチャイナ(上海市)を、12年にファクトリーネットワークアジア・タイランド(バンコク市)、14年にはファクトリーネットワークアジア・インディアをそれぞれ設立。上海で出展500社、来場者8000人、バンコクでは出展250社、来場者1万人のモノづくり商談会を主催するなど、アジアにおける製造業支援を本格化しています。

 

一方、NCネットワークは約1万7000事業所の登録を得て、国内最大級のモノづくり受発注サイト「エミダス」を運営しています。海外事業は10年にNCネットワークベトナム(ハノイ市)、12年にNCネットワークアメリカ(カリフォルニア州トーランス市)、14年にNCネットワークタイランド(バンコク市)をそれぞれ設立、とくにタイでは先行するFNAと事業が一部競合しておりました。

 

FNAの前身は、NCネットワークなどが出資して03年に設立したNCネットワークチャイナであり、両社は資本関係が解消した今でも友好関係にあることから、トップ同士の話し合いにより事業のすみ分けと提携強化を図ることで合意したものです。

 

 

 

これによりFNAは、製造業のビジネスマッチング支援事業のアジアでの広域展開や日本製造業の輸出支援、海外展開支援を強化します。

 

具体的には、①モノづくり商談会をベトナムでも開催②製造業及び製造業関連向けのフリーペーパーやメールマガジンを中国、タイに続きベトナムで発行③中国・アセアン複数国にまたがるようなリサーチ案件に対応④各国の情報集積により、日本-海外のみでなく、海外-海外の取引拡大支援を可能にする―などを計画しています。

 

一方、NCネットワークは国内、米国に経営資源を集中し、とくに国内では技術開発、製造現場の“目利き力”を磨いてビジネスマッチングを高度化します。国内の取引先については、FNAを活用して従来以上にアジア各国の市場調査、企業調査などのサービスを充実させます。

 

 

 

現在、多くの公的機関が海外各地でさまざまな支援を行っていますが、地域によっては重複している場合もあり、FNA、NCネットワークが、日本・アジアを面で捉えサービスを提供していくことで、より効率的に支援事業を展開いただくための受け皿となることも狙いとしてあります。

 

日本国内においても、環太平洋経済連携協定(TPP)合意や円安環境によって輸出強化に動くこともあり、日本再興戦略にある新たな進出企業の発掘支援にも貢献していきたいと考えています。

 

以上

 

 

<FNAジャパンの概要>

会社名:株式会社FNAジャパン

所在地:東京都港区北青山1-4-6 246青山4F

代表者:代表取締役社長 井上直樹

資本金:10,000,000円

事業内容:中国、タイにて製造業に特化したビジネスマッチング支援事業

URL  :http://www.factorynetasia.com/

 

<NCネットワークの概要>

会社名 :株式会社NCネットワーク

所在地 :東京都台東区柳橋1丁目4-4 ツイントラスビル8階

代表者 :代表取締役 内原康雄  

資本金 :370,000,000円

事業内容 :製造業向け情報発信及び、試作・量産等の部品加工受託事業

URL :http://www.nc-net.or.jp/ 

 

 

<お問い合わせ先>

株式会社FNAジャパン  サービス開発部 馬渕

TEL:03-6692-0300  Web問合せフォーム

 

 

 

 

「お知らせ&リリース」一覧へ