「FBC上海2018 ものづくり商談会in未来工業展覧会」開催レポート

スマート製造、ハイテク、デジタルイノベーションに注目
FBC上海が日中のスマート製造関連企業約400社と手を組み、3,800万元を超えるビジネスチャンスを提供

 

2018年11月19日~21日の3日間にわたり、FNAは上海新国際博覧中心にて、「FBC上海2018ものづくり商談会in未来工業展覧会」を開催しました。今回で21回目となる本商談会は、日本の各地方銀行・自治体に共催として加わっていただき、在上海日本国総領事館、日本貿易振興機構(JETRO)上海事務所、日刊工業新聞社、上海日本商工クラブ、上海市中小企業発展服務中心などの機関・メディアに後援いただきました。ブース数は533ブース、380社の企業に出展していただき、延べ来場者数は23,518人に上りました。有効マッチング件数は25,380件に達し、契約見込金額は3,800万元を超えました。

 

  

 

■さまざまな業種・業態のものづくり企業が参加、新たな価値を創出

 

今回の商談会には、自動化・ロボット、自動車、電子・電気、環境・省エネ、機械設備、工場MROなどさまざまな業種の企業380社が出展。日中を股に掛ける企業同士による商談を通して、既存の製品やサービスを中心に新しい需要や市場が開拓されました。

 

今回は三菱電機、日本電産シンポ、京セラ、リコー、ツガミなど日本の製造業を代表する大手企業が出展し、最新の製品や設備を展示しました。自動化生産ラインや産業ロボットも展示され、日本の生産自動化を支える先進的設備や管理システムを組み込んだ生産現場の様子がブースで再現されました。

 

また、京都府が数社の製造業企業を集めて組織したスマート製造連盟、江蘇省丹陽市に拠点を持つ10社以上の日系自動車部品メーカーなど、団体による出展も多く見られました。設備や製品のデモ、説明を通じて各団体がコア技術を披露し、バイヤーから注目を集めていました。

 

  

 

■世界トップ500企業が参加する調達大会

 

今回は「中国(上海)国際調達大会(工業部品日本専門部門)」と提携して、ABB、シュナイダーなどの世界トップ500企業をバイヤーとして迎え、出展企業と商談していただきました。

 

また、中国銀行上海支行が今年11月上旬に開催された中国国際輸入博覧会への参加を経て、日中企業の事前マッチングサポートを一層強化。同行厳選の優良クライアント企業から調達ニーズを集め、会場内でFBC出展企業との商談をセッティングしました。

 

  

 

 

■各種テーマのセミナーが同時開催、製造業の未来の発展の方向性を明示

 

3日間の会期中には連日セミナーが行われました。ファナック製ロボットとIoT技術の活用、危ない中国企業の見分け方、新エネルギー車産業の構想・取組、ものづくり中小企業におけるスマート製造の道筋など、テーマや内容が充実。中国の製造業及び製造業関連産業の今後の発展の方向性を示しました。

 

11月19日にFNAが上海市中小企業発展服務中心との共催で行ったセミナーでは、スマート製造業界の大手企業の代表者や専門家が、スマート製造の現状や未来の方向性を分析しました。

 

11月20日には、日本貿易振興機構(JETRO)上海事務所主催による「日中EV・次世代車交流会」が行われました。上海汽車集団や日産自動車の幹部が登壇し、拡大するEV市場への対応や戦略、電動化をめぐる中国市場の潮流と中国自動車産業への対応について講演しました。日立、三井物産、ファナック、ミスミ、堀場、山善など200社以上の企業の代表者が受講。講演後、受講した企業の購買担当者と出展した日系自動車部品メーカー15社の間で、事前予約に基づきマッチング商談会が行われ、新たなビジネスチャンスが創出されました。

 

  

 

また、FNAと一般社団法人日本能率協会との共催による1回目の「GMCA(GENBA Management Conference& Award)in上海」がケリーホテル浦東上海で同時開催されました。同イベントでは、主に製造現場で活躍されている第一線の監督者を対象に、管理のノウハウについて交流する場所を提供。今回はパナソニック、日産自動車、オムロン、ダイキン工業、NECプラットフォームズ、ヤマハなど日本の大手企業が工場での管理方法を発表するとともに、春秋航空の張武安総裁がゲストスピーカーとして特別講演をし、100社弱の企業の幹部が受講しました。

 

  

 

 

■来年は開催地域を拡大、中国各地に広がる日中ものづくりマッチング

 

来年のFBC商談会は、華東地域では上海市、江蘇省昆山市、華南地域では広東省深圳市、仏山市南海区、加えて西南地域や中部地域で開催する予定です。

 

  

 

さらに海外ではMfairバンコク(タイ)、FBCホーチミン(ベトナム)を開催するとともに、中国企業を募り日本の有名な展示会に共同出展することも検討しています。各地域でのビジネス展開の可能性を探る一助として、当商談会をご活用いただければ幸いです。

 

最後になりましたが、今回も商談会を無事に終了することができましたことを、共催者の皆様、支援企業の皆様、並びにご出展企業様、ご来場企業様に心より御礼申し上げます。

 

 

 

 

「お知らせ&リリース」一覧へ