【中国】FBC広東2018 ものづくり商談会in南海 開催レポート

出展:190社、来場:約2500名、商談件数:約4810件、金額ベースで3500万元を超えるビジネスチャンスを創出。

 

  FNAは2018年9月12日、13日の2日間にわたり、広東省仏山市南海区にて「FBC広東2018 ものづくり商談会in南海」を開催しました。広東省では7回目、南海区経済和科技促進局との共同開催としては3回目の開催となる今回は、日本の地方銀行及び自治体12団体と日本貿易振興機構(ジェトロ)広州事務所との共催で、約2500人が来場しました。

 

FBC広東2018 FBC広東2018

 

  前回の反響を受け、今回も仏山市桂城のインターコンチネンタルホテルで商談会を行い、日本企業や在中国の日系企業を中心に、多くの製造業が南海の地に集まりました。日中の環境保護関連企業間での交流や提携を促進することを目指した「国家環境サービス業華南集聚区日中省エネ環境技術エリア」には、住友電工株式会社、日立造船株式会社、堀場(中国)貿易有限公司などをはじめ、地元仏山市の環境関連企業39社の出展を誘致しました。

 
 

FBC広東2018 FBC広東2018

 
 

■さまざまな業種・業態のものづくり企業が参加

 

  今回の商談会は金属加工、自動車、船舶、鉄鋼、一般機械器具、電気機械、電子、精密機械、プラスチック・ゴム、環境・省エネなどさまざまな業種の企業が出展。日中を股に掛ける企業同士の商談を通して、既存の製品やサービスを中心に新しい需要や市場が開拓されました。2日間の会期中、出展企業同士の間で活発な商談・情報交換が行われました。商談件数は、事前予約によるものと当日来場した2000名以上によるものとを合わせると約4810件。2日間の見込みを含めた取引金額は、3500万元に上りました。

 

FBC広東2018 FBC広東2018

 
 

■各種講演や工場見学会も開催

 

  開幕式では、主催者を代表して「工場網信息科技(上海)有限公司」の兪婕総経理が、「今年の商談会ではより多くのマッチングを期待するとともに、本イベントを通してより多くの成功事例が生まれ、業績の向上につながることを望みます」と挨拶。続いて出展企業を代表して「大金(中国)投資有限公司広州支社」の李濱副総経理が登壇し、「中国で『新たなエアコン文化』を創出していきます。FBC商談会は、企業間で交流するのに最適なチャンスの場です」と述べました。

 

  また、商談会初日には、「日中省エネ環境技術」をテーマにしたセミナー及び講演が会場に隣接する会議室で行われました。日中の業界関係者が環境汚染を防止する方法や管理技術などを紹介し、企業や専門家の代表に、日中間での提携や技術導入・産業化などの課題について、成功事例を元にお話し頂きました。

 

  商談会終了の翌日には、南海区の地場企業によるものづくりに対する理解を深めてもらうために工場見学会を実施しました。「一汽大衆有限公司(仏山支社)」「仏山維尚家具製造有限公司」の工場、仏山高新区、南海日本中小企業工業園を見学し、出展企業が各工場の担当者と直接商談を行いました。出展企業にとって、南海区の製造業の発展状況や市場ニーズを肌で感じられる場となりました。

 
 

FBC広東2018 FBC広東2018

 
 

■出展企業の声

 

  ・FBCは様々な業界の日系企業を集めており、日系企業にとってターゲットを絞りやすいイベントだと思う。商談会の案内も行き届いており、日本の繊細なサービス精神が垣間見えた。

 

  ・長年に渡るFNA会員としてFBC商談会を信頼している。「商談」という明確な目的を持って来場する方が多く、マッチングの精度が高い。

 

  ・もともと広東省にはお客様やサプライヤーが数社あり、今回の出展でお互いの関係を深めることができた。華南地域の市場開拓にも役立った。

 

FBC広東2018 FBC広東2018

 

  最後になりましたが、今回も商談会を無事に終了することができましたことを、南海区経済和科技促進局様、共催・ご支援頂いた皆様、並びにご出展企業様、ご来場企業様に心より御礼申し上げます。

 

 

 

「お知らせ&リリース」一覧へ