自動車部品、熱処理、機械装置の3つの柱

CNK MANUFACTURING (THAILAND) CO., LTD.


自動車部品、熱処理、機械装置の3つの柱
タイのモノづくりに貢献を


 

    ステアリングなどの自動車関連、軸受、工作機械・メカトロのジェイテクト(JTEKT)グループ傘下で、ステアリング部品の製造や熱処理生産などを手掛けるのが「株式会社CNK」(旧名:中部熱錬研究所)。自動車生産が盛んな愛知県東部の刈谷市に1958年に設立。昨年、創業60周年を迎えた。タイ法人のCNK MANUFACTURING (THAILAND) CO., LTD.は、2003年に東部ラヨーン県イースタンシーボード工業団地内に開設され、主に自動車部品加工や熱処理事業を展開。今後は機械装置事業の拡充も狙うとする。背景にあるのは自動車生産を中心に製造業が集積するタイの厚い市場。そして成長著しい熱い東南アジアのマーケットだ。
    敷地面積約1万1900平方メートル、延床面積約5000平方メートルの同社タイ工場。広大な敷地の広がる東部地域の工業団地で今、













主力事業として展開されているのは自動車部品加工事業と金属表面改質事業の二つだ。

    前者は、ハンドルの動きをスムーズにタイヤに伝えるためのパワーステアリング関連の部品生産が中心。ラックシャフトと呼ばれる重要保安部品とされるもので、素材から切削加工、高周波焼入れや研削仕上げまで一貫加工で仕上げている。2003年にジェイテクト・タイ法人の場内受注から生産を開始した。

    一方、後者は浸炭焼入れ、調質、焼鈍、高周波焼入れといった熱処理加工から、ダイヤモンドと同様の炭素元素から構成された硬質膜を作るDLC(Diamond Like Carbon)コーティング加工まで金属部品等の幅広い表面改質を行っている。06年に事業を開始。10年余の実績を経て主力事業に成長した。両部門の技術力を組み合わせた一貫受注生産加工で、外資からローカル企業まで顧客ニーズの最適化を実現している。

    現在の売上高規模でみると、自動車部品生産3分の2に対し熱処理事業は3分の1。底堅い自動車部品事業を引き続き堅持しながら、成長性の高い熱処理事業の伸張にも力を入れていく方針だ。20年には工場内に新たな製造ラインを増設。成膜速度が速く、密着性にも優れたDCプラズマCVD法の導入も予定されている。

    これら2つの事業に次ぐ、次世代の新たな戦略的事業として熱く期待を寄せているのが、日本で〝3本目の矢〟と位置づける機械装置事業のタイ本格展開だ。自動搬送技術から加工機、環境機器まで日本品質のモノづくりに欠かせないさまざまな機械装置。タイのニーズに合ったきめの細かい製品の提供を進めていきたいと考えている。

    例えば、工場の製造ラインで工作物を自動搬送させるNCオートローダ。わずかな誤作動や搬送の停止が重大な生産性の低下を招きかねない現場で、長時間の安定的稼働はモノづくりに必須の必要十分条件。なにげない当たり前の機械の動きが、生産の信頼性を支えている。同社では顧客の要望に応じて、完全自社製の一貫生産を基礎としている。タイの市場に合った一台も当然にあると踏んでいる。

    産業が高度化・重層化するタイで、環境機器への関心や要求も今後、高まっていくとも判断している。例えば、高精浄度濾過クーラントシステム。人体でいうところの血液を濾過し腎臓部にあたるそれは、加工機の耐久性を増し寿命を延長してくれる。結果、生産コストの低減にもつながり、企業収益にも貢献する。食品加工業など異業種への応用も可能だ。
    これら機械装置事業を有望と見る背景には、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加などタイを中心にグローバル化していくアセアンの市場がある。現在はまだ日本からの輸入ベースでも、ゆくゆくはタイの工場でこれらの機械生産が可能となれば、原価も相当程度抑えられる。オーダーメイドの生産にも柔軟に対応ができる。成長の可能性は大いにあると読む。













    創立60周年を期に、「5つの指針」を社内で定めた。①いつも笑顔で良い仕事、明るい家庭、②お客様視点での対応、③地球にやさしいモノづくり。以上の3点を基礎に、④1秒、1個、1円にこだわる、⑤常に進化しNo.1&Only Oneを目指す、と後者2点を持続可能な収益を生むための柱として加えた。「タイでも同様の姿勢で臨んでいきたい」とは、木村 博人社長兼CEO。「半世紀以上の歴史と培ってきた技術力を強みに、タイの製造業にも貢献していきたい」とも抱負を語った。

    タイ法人の表玄関の壁には、社内旅行を楽しむ従業員らの記念ショットが所狭しと貼られている。昨年11月、ナコーンラーチャシーマー県カオヤイ高原を旅行した時のものだ。約130人の従業員のほぼ全員が参加。「社員が一致団結し、思いが一つになる瞬間だった」と浅井Vice Presidentは振り返る。いつも笑顔で明るい家庭のような職場。それがCNKタイの原動力と見た。









CNK MANUFACTURING (THAILAND) CO., LTD.

http://cnk.co.jp/business/

Eastern Seaboard Industrial Estate 300/27 Moo 1 Pluakdaeng, Pluak Daeng, Rayong 21140
Tel : +66-3-895-5537 +66-3-895-5539

お問い合わせ先:
橋富(Mr. Hashitomi)
hiroyuki_hashitomi@cnkmt.co.th
Mobile: +66-9-8275-2480
浅井(Mr. Asai)
nariyuki_asai@cnkmt.co.th
Mobile: +66-6-3209-7704


『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード